» デヴィ夫人「コロナは若者が悪い」パーティに逆ギレの大暴走
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

デヴィ夫人「コロナは若者が悪い」パーティに逆ギレの大暴走

デヴィ夫人「コロナは若者が悪い」パーティに逆ギレの大暴走
socialfill

 もうテレビに出すな。自己中心的な発言行動に世間も我慢できず。

 10日「サンデー・ジャポン」(TBS)にデヴィ夫人が出演した。

 デヴィ夫人が昨年大晦日に都内高級ホテルで年越し90人パーティーを開催した事が物議を醸しているとして取り上げられた際に、マスクをしている人がほとんどいないなどと批判があがっていることを指摘された。

 それに対しデヴィ夫人は「こういう時期だからこそ勇気を持って開催した」「ホテルの従業員も助かるし、業者さんもみんな助かる」「皆さんがとっても幸せになる。私たちみたいな人間がお金を使って回さないと、日本経済は破綻してしまう」と持論を展開。

経済活動を考えた上での開催

 あくまでも経済活動を考えた上での開催であったと強調し、感染対策に関しても一部スポーツ誌で報じられた内容は悪意があるものとし、感染対策は講じられていたと反論していた。

 しかし、番組に出演していた杉村太蔵氏が「(経済活動の意図はわかるが)かえって、こういったパーティーをやることによって感染拡大がいつまでも止まらなくて」と切り出すと「お言葉ですが」と大声で杉村氏のコメントを遮断。

「私のパーティーは10日前、誰も感染してません」「私のパーティーに参加した方は意識が高い」「皆さん緊張感を持っている」「感染しない、感染させないを合言葉にしている」とし、続けて「感染している(年齢)層とは違う」「若い方も緊張感を持って」と、さも感染拡大の原因は若い世代の気の緩みを言わんばかりの驚き発言。

 この夫人の発言を聞いた視聴者は、「感染者でてないって結果論」「緊張感持ってれば感染しないのか」「自分達だけは問題ないという言い分は通らない」「自分のパーティーを正当化しようとする詭弁」「怒りを通り越して悲しくなりました」「不快感しか覚えない」とネット上に非難のコメントが多数。