» 三浦春馬「無視」長谷川まさ子「芸能リポーターの意義」はジャニーズやってから言え?
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 三浦春馬「無視」長谷川まさ子「芸能リポーターの意義」はジャニーズやってから言え?

三浦春馬「無視」長谷川まさ子「芸能リポーターの意義」はジャニーズやってから言え?

三浦春馬「無視」長谷川まさ子「芸能リポーターの意義」はジャニーズやってから言え?
socialfill

 1月7日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に、芸能リポーターの長谷川まさ子が出演した。

 番組では「【謝罪会見】渡部建さん会見で叩かれた芸能リポーター&EXIT&原田龍二と議論“集団いじめ“と揶揄も‥不倫タレントのお詫びは必要?」といった内容となった。過去に取材を受けたお笑いコンビ・EXITの2人や俳優の原田龍二などが出演した。

 アンジャッシュ・渡部建の不倫会見では、芸能リポーターの質問などが「集団イジメ」と批判を受けた。こういった世間の声に長谷川は「みなさんが聞きたいことを代表して聞いている。どんなに下衆だと思われても聞くのが仕事と思っている」「私達を道具にして会見をショーにすればいい」「会見はイメージをアップするためのもの」「なんだかんだ、会見を見たい人もいるでしょ?というのがある」などと持論を展開している。

 世間からは「渡部の記者会見のくだらない質問を聞くのが仕事とか言ってるカス」「自分たちは大衆に求められているから何をしても許されるとね。テレビは見れば見るほど馬鹿になる」「渡部氏の記者会見については国民が聞きたいことなんて無かったんじゃないかな」「人が低俗な行為に及んだ時の感情又は詳細なんて知りたいか」など、疑問の声が大多数である。

 無論、こういった仕事は「嫌われ者」ではあるので批判は覚悟の上だろう。

 しかし「本当の問題」は別にあるのではないか、という意見もあるのだ。