» 三浦春馬『不死鳥』緊急事態戦中の映画再上映に衝撃
カルチャースポーツ社会

三浦春馬『不死鳥』緊急事態戦中の映画再上映に衝撃

三浦春馬『不死鳥』映画再上映の流れに衝撃の声
socialfill

 昨年7月に急逝し、約半年が経過した俳優の三浦春馬さん。

 三浦さんの最後の主演映画『天外者』(配給:ギグリーボックス)が、年をまたいで全国の劇場で公開され、大きな話題を呼んでいる。

 ただ、配給会社が大手ではないためか、いくつかの劇場ではすでに公開が終了したり、1日の上映回数がかなり少なくなり間もなく上映終了を迎えたりという状況にある。

 そんな中、「渋谷HUMAXシネマ」は7日に公式ツイッターを更新し「1/15(金)より再上映決定いたしました。本日決まりましたので、諸々後ほどご案内いたします。三浦さんのスタンディ(パネル)も再度展示させていただきます。感染症対策を徹底し、政府のガイドラインに沿って上映させていただきます」と発表した。

『再上映』を決定したというのは非常に驚き

「7日は1都3県に対して緊急事態宣言が発出されると言われていた日で、実際に宣言が出されました。

 そんなタイミングの中でも『再上映』を決定したというのは非常に驚きましたね。

 小規模のスクリーンでの上映では収まり切れないほどのお客様が日々劇場に足を運んでおり、主要な映画専門サイトでも大手配給会社がかなりの予算をかけて広告している作品の中に割って入る形で、『天外者』は上位にランクし続けています。