» 関ジャニ大倉忠義も被害者『知ってるワイフ』視聴率超爆死の裏
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

関ジャニ大倉忠義も被害者『知ってるワイフ』視聴率超爆死の裏

関ジャニ大倉忠義も被害者『知ってるワイフ』視聴率超爆死の裏
socialfill

 関ジャニ∞の大倉忠義さんが主人公の甲斐性がない恐妻家の銀行員、広瀬アリスさんがその妻を演じるドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)が7日から放送スタート。

 8日に分かった第1話の世帯平均視聴率は6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 前クールであまり数字が振るわなかった波瑠さん主演の『#リモラブ』(日本テレビ系)は最低でも第8話の6.3%、有村架純さん主演の『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)は最低でも第2話の6.2%となっており、早くもこの2作品よりも低い数字を記録したことになる。

 また、『知ってるワイフ』と同じフジテレビの木曜10時枠『ルパンの娘』は、最終話で4.8%とかなり低迷したものの第1話は7.5%だった。

 第1話に関して言えば『#リモラブ』は8.7%、『姉ちゃんの恋人』が9.2%とこの2作品はまずまずの数字だった。

 つまり、第1話で6.1%という数字はかなり低く、この後さらに数字が低迷する懸念もあり、場合によっては放送回数を減らされる可能性すらある。

「キャスティングによる部分も少しはあるでしょうけど……。