嵐「森喜朗強気」東京五輪に一瞬再結成へ | Social Fill
カルチャースポーツ社会

嵐「森喜朗強気」東京五輪に一瞬再結成へ…世間は呆れ

嵐「森喜朗強気」東京五輪に一瞬再結成へ…世間は呆れ

 2020年12月31日をもって活動休止となった国民的アイドルグループ・

 21年間の「嵐」としての活動に一度終止符を打ち、2021年からは5人それぞれが新たな道を進むと思われたが、デビュー25周年を迎える2024年には再集結するのではないかという憶測が飛び交っている。

 1月8日の「日刊ゲンダイ DIGITAL」(講談社)に登場するジャニーズに詳しい芸能記者は「再結成でまた盛り上げ、さらに前人未踏の30周年コンサートへとつなぐ。さらに櫻井翔が出馬して政治家になってと、今後10年先まで見据えたプランが見え隠れしています」と、嵐の再結成についてコメントした。

 一方、コロナ禍の再混乱で騒がれているのが、嵐がNHKでスペシャルサポーターを務める東京五輪の開催だ。この一件についてNHKは、嵐が解散を発表した時点で「どうするかについては、まだ何も決まっていません。関係するところと協議をしていきたい」と語っていた。

 現在も開催自体が危ぶまれており、東京五輪で嵐の姿を見れなくなるのでは?と心配するファンも少なくないだろう。

ネットでは「嵐のファンの1人としては嵐がいつかまた活動再開してくれたら嬉しい」「まじめで有言実行な嵐メンバーがファンクラブ継続を決めたんだから、いつかは再開するんじゃないかという気もする」と再結成を楽しみに待つファンや、「オリンピックとかアニバーサリーとか関係なく思ったときに再集結してくれればいい」など、様々なコメントが寄せられた。