二階堂ふみ「仕事爆増」も精神心配 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

二階堂ふみ「仕事爆増」も精神心配…紅白大絶賛だが

二階堂ふみ「仕事爆増」も精神心配…紅白大絶賛だが
socialfill

 1月7日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、『NHK紅白歌合戦』(NHK)で紅組の司会を務め、勝利に導いた二階堂ふみについて報じた。

 同誌では、NHK関係者が「次の紅白も起用すべきという声が出ている」と二階堂の司会ぶりを絶賛。紅白スタッフが「技術部のカメラをずっと見て、常にカメラ目線でトーク。台本をすべて暗記しないとできないこと」と明かした。さらに「飄々としたキャラの大泉さんと冷静に進行する二階堂さんのバランスも局内で高評価でした」と続け、「セリフをかむシーンもなく、初めてとは思えない落ち着きっぷりだった」と語った。

 二階堂に対して、ネットでは「ハキハキ進行していて、見ていて頼もしかった」「大泉さんと内村さんが自由にやってたけど、ふみちゃんいたから成り立ってた」など、二階堂を絶賛する声や、「ホール・ニュー・ワールド素敵だった」「歌上手すぎる」「歌の迫力に圧倒されました」などの声が寄せられ、歌手としての評価も上がった。二階堂の司会・歌唱が紅組の勝利につながったかもしれない。

 二階堂は、朝ドラ『エール』(NHK)においても歌唱シーンが多く、その際も視聴者からは好評だった。