三浦春馬「NG」紅白舞台裏…JUJUへの“対応” | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「NG」紅白舞台裏…JUJUへの“対応”に意外な反応

三浦春馬「NG」紅白舞台裏…JUJUへの“対応”に意外な反応
socialfill

 2020年の大晦日に放送された『第71回 NHK紅白歌合戦』(NHK)。華やかな表舞台の裏では、様々な面で“激動の年”となった一年を締めくくるために動いていたNHKの対応が見て取れた。

 昨年の『紅白』は、平均視聴率40.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。史上初となった無観客での開催や、これまで番組の目玉だったアイドルグループ・嵐の出番についてなど、心配されることが多かったが、今回の『紅白』には世間の評判も上々だったようだ。

 1月7日発売の「週刊新潮」(新潮社)は「『紅白歌合戦』テレビには映らなかった悲喜劇」と題した記事を掲載。

『紅白』リハーサル時の取材記者に対し「JUJUには番組で共演していた三浦春馬さんについての質問がNG」だったと、知られざるNHKの対応が語られた。

『紅白』への初出場が決まった際、「せかほしファミリーのことを思いながら、皆さんのことを思い浮かべながら歌いたいと思います」と話していたJUJU。前に踏み出したようにも見えるが、未だ胸の中には悲しみを抱えたままであろう彼女を守ったことは、NHKの正しい判断だったように思える。

 世間からも「春馬くんのことを強調するような余計な演出は何もなく、JUJUさんの歌を純粋に聴ける想いのこもったステージだったね」「2020年最後の日、JUJUちゃんの歌聞けてよかった。春馬くんのことを想いながら聴きました」といったコメントが寄せられた。