新垣結衣星野源『逃げ恥SP』イマイチすぎたワケ | Social Fill
カルチャースポーツ社会

新垣結衣星野源『逃げ恥SP』イマイチすぎたワケ…問題は“時期”も

新垣結衣星野源『逃げ恥』イマイチすぎたワケ…問題は“時期”も
socialfill

 1月2日に放送されたスペシャルドラマ『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』(TBS系)が賛否を呼んでいる。

 同ドラマは、2016年に「逃げ恥」の愛称で親しまれた連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の続編。

 以前の連続ドラマでは、新垣結衣演じる森山みくりと星野源演じる津崎平匡の恋模様“ムズキュン”が人気だったが、今回のスペシャルドラマではその後の2人の生活が描かれるとあって注目されていた。

内容に様々な声

 しかし物語の中で、産休や育休問題や選択的夫婦別姓、新型コロナウイルスなど社会問題が展開され、その内容に様々な声が寄せられている。

 スペシャル版に対してネットでは「がっきーが久々に見れてかわいくてよかった」「ドラマで“その後”が描かれることが少ないから楽しかった」「これを見て、社会問題をもっと考えてほしい」など、好評な意見が多かった。

 一方で、「ドラマの中に社会問題詰めすぎ」「もっと恋愛模様とか、“ムズキュン”する内容がよかった」「年始早々に少し重い話題」と、否定的なコメントも多数寄せられた。

 連続ドラマの時から、契約結婚をはじめとした男女間の社会問題を織り交ぜたラブコメディで、新垣と星野2人の恋模様を楽しむ視聴者が続出。

 それだけに、スペシャルでは笑いやキュンとするラブコメ要素が少なく、社会問題ばかりでは正月気分の視聴者も少々物足りなく感じてしまったのかもしれない。