» LiSA「犯罪ヤンキー」過去暴露であびる優二の舞の危機へ
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

LiSA「犯罪ヤンキー」過去暴露であびる優二の舞の危機へ

LiSA「窃盗ヤンキー」過去暴露であびる優二の舞の危機へ
socialfill

 昨年、もっともブレイクした歌手といえば、LiSAで間違いないだろう。

 映画『鬼滅の刃』の大ヒットもあって、主題歌『炎』が長期ヒット。日本レコード賞も受賞し、『NHK紅白歌合戦』での熱唱も評判だった。

 そんなLiSAの「過去」について「デイリー新潮」(新潮社)が報じている。

 岐阜県出身の彼女だが、小学生のころに実の父がいなくなり、その後は母と妹と暮らしていたとか。沖縄アクターズスクールのオーディションに合格したもののデビューはできず、中学に入ってからは飲酒に深夜徘徊、自転車窃盗、年上の彼氏が改造車でお出迎えと相当な“田舎のヤンキー”だったという。

 世間からは「見た目で何となく……」「ファッションも歌も雰囲気も元ヤン感が溢れている」「見た目からして、元ヤンだよね」「誰にでもそういう裏面はあると」と特に気にしていない様子の人もいれば、拒否反応を示す声もある。