TBS凋落「レコ大吉岡里帆」に三浦春馬疑惑、MISIA落馬など | Social Fill
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • TBS凋落「レコ大吉岡里帆」に三浦春馬疑惑、MISIA落馬などヤバすぎるワケ

TBS凋落「レコ大吉岡里帆」に三浦春馬疑惑、MISIA落馬などヤバすぎるワケ

TBS凋落「レコ大吉岡里帆」に三浦春馬疑惑、MISIA落馬などヤバすぎるワケ
socialfill

 30日に放送された『第62回 輝く!日本レコード大賞』(日本作曲家協会主催、TBS系)の授賞式。

 映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』(配給:東宝/アニプレックス)の主題歌でLiSAさんの「炎(ほむら)」が大賞に決まった中で、他にも注目を集めた各シーンに様々な意見が出ている。

 まず、「特別賞」を「Make you happy」で受賞した9人組ガールズグループ・NiziUの“縄跳びダンス”。

 NiziUのパフォーマンス中に司会の吉岡里帆さんが“縄跳びダンス”をする様子がヌキで映し出され、その瞬間がちょうどミイヒさんがセンターで踊るタイミングと重なっていたことで、「渾身のパートがトバされたことが放送事故だろ」などとNiziUのファンから顰蹙を買っているほか、「パフォーマンス中に歌手以外を写すのは辞めて欲しい。歌手に失礼」と放送したTBSのカメラワークに疑問の声が寄せられている。

 次に、「最優秀新人賞」を発表する場面。

豆柴の大群のメンバーの1名が転倒

 ノミネートされた真田ナオキ、Novelbright、豆柴の大群、Rin音がステージに並び、ついに真田ナオキさんが「最優秀新人賞」に決まった瞬間、豆柴の大群のメンバーの1名が転倒し、残りの4人のメンバーによって搬送される事態に。

 まさかの事故に視聴者も出演者たちも肝を冷やすシーンだったが、実はこれが豆柴の大群に密着する他番組による演出だったことが後に判明。

 豆柴の大群のメンバーや、プロデューサーを務める、安田大サーカスのクロちゃんに対して「倒れる演出とかあり得ない」「失礼だぞ受賞者に!」などの批判が集まっている。