» 前澤友作『ガキ使』衝撃出演…笑いと美大生に夢を配って1年を締めくくる
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 前澤友作『ガキ使』衝撃出演…笑いと美大生に夢を配って1年を締めくくる

前澤友作『ガキ使』衝撃出演…笑いと美大生に夢を配って1年を締めくくる

前澤友作『ガキ使』衝撃出演…笑いと美大生に夢を配って1年を締めくくる
socialfill

 1那由多で落札、お金配りおじさんは、笑いと夢を配って今年を締めくくった。

 31日、日本テレビで放送されている「ダウンタウンのガキ使いやあらへんで!」の大みそか特番「絶対に笑ってはいけない大貧民 GoToラスベガス24時」にZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(45)が登場した。

 バスチアなる画家の「ハマータ」という、ダウンタウンの浜田にそっくりな作品のオークションが行われている会場に通されたガキ使メンバー5人。

 作品落札価格が高騰する中、「5000万」の掛け声と共に会場に登場した前澤氏だが、他落札者との競り合いを繰り返し、結果的に1000那由多で落札、出演者を笑いに誘いケツバットへと誘った。

 前澤氏の登場に「今年一笑いました」「桁が違う駆け引きw」「那由多って何」と、その金銭感覚の桁違いさにTwitterで盛り上がりをみせた。

 更に驚いたのは、この「ハマータ」という作品は美大生が描いたとの事で、本当に気に入った前澤氏が、実際に買い取りした事も明らかとなった。