» 検察庁法改正案「見送り」芸能人の勝利? ひろゆきの「残酷指摘」も
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • 社会
  • 検察庁法改正案「見送り」芸能人の勝利? ひろゆきの「残酷指摘」も

検察庁法改正案「見送り」芸能人の勝利? ひろゆきの「残酷指摘」も

検察庁法改正案「見送り」芸能人の勝利? ひろゆきの「残酷指摘」も
photoAC

 先日から物議を醸していた検察庁法改正案に関し、今国会での成立を見送る方針で一致した。

 安倍総理大臣と自民党の二階幹事長の会談によって方針が決まったという。検察官の定年延長を引き上げるための法案であり、新型コロナウイルス蔓延の中、どさくさ紛れなのではないかと批判が殺到した。

 無論、野党の反発もあったに違いないが、今回は「芸能人」も反対の声をあげていた。「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグが拡がり、話題になっていた。

芸能人が声を上げまくった今回

「小泉今日子さん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、井浦新さんなどなど、多くの芸能人がこの法案に反対姿勢を見せてきました。新型コロナ禍の中で声をあげずにはいられなかったのでしょうか。

多くの人が政治に対して『おかしい』と声をあげ、それが影響した珍しい例といえるかもしれません。Twitterからの国民の声が影響したのは間違いありませんし、炎上や世論に押されての方針転換という風にしか見えませんよね。まあ、ちょっと方針がぶれ過ぎではありますけどね。こうなるなら最初から今の時期を避ければよかったのではないかと思うのですが……」(記者)

 国民の意見が影響したのは良し悪しあるだろうが、今回の改正案はやや無理筋だったといえるようだ。

 芸能人も騒ぎ立てたことで、一般人にもこの改正案が知れ渡った点では、悪くない帰結だったといえるかもしれない。

 ただ一方、芸能人がここまで今回反対姿勢に多く声をあげたのは「別の理由」もあるのでは、と指摘されている。

ひろゆき氏「ヒマだから」

「芸能人の抗議ツイートが殺到した点に関し『2ちゃんねる』開設者の西村博之(ひろゆき)さんが、言及しました。12日の『グッとラック!』(TBS系)に出演時、ひろゆきさんがタレントの抗議ツイートに関し『芸能人は今家でヒマだから、乗っかっとくか』と自身の考えを披露。率直な意見として話題になりました。

実際のところ芸能人は人気商売です。忘れられたら終わりなので、存在感を出すために……という意図があるタレントさんもいるかもしれません。率直すぎるひろゆきさんですが、かなり鋭い意見だったのではないでしょうか。結果、政治も動いたので彼らにとっては成果があってよかったのかもしれません」(同上)

 いずれにせよ、反対だらけの改正案はなくなった。安倍首相サイドは、結局何がしたかったのか……。

(文/矢島俊)