『ごくせん』亀梨和也と赤西仁「対照的」な現在 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

『ごくせん』亀梨和也と赤西仁「対照的」な現在と再共演は…

『ごくせん』亀梨和也と赤西仁「対照的」な現在と再共演は…
socialfill

 2002年に放送され大ヒットを記録したドラマ『ごくせん』第2シリーズ(日本テレビ系)の再放送が12月27日からスタートした。27日~30日まで全10話を一挙放送するため視聴者も熱狂。ごくせんの“仁亀コンビ”熱が再燃している。

 極道の跡取り娘が高校教師となりヤンチャな生徒の学級担任となる同ドラマ。主人公の先生役は通称・ヤンクミと呼ばれ、生徒が抱える闇に立ち向かう。『ごくせん』第1シリーズには嵐の松本潤や小栗旬が出演し反響を呼んだ。

 今回の第2シーズンにはKAT-TUNの亀梨和也赤西仁がメインキャストとして登場。放送当時、“仁亀コンビ”として一躍ブレイク。同時にKAT-TUNの知名度も上がっていった。

 その仁亀コンビ再来に視聴者からは「感無量」「『仁亀どっち派?』という会話で成り立っていた思い出があります」「KATーTUN好きになるきっかけでもあった」とコメントが寄せられ大にぎわい。

 懐かしさを噛み締める意見が続々と集まっている。仁亀コンビのコメントのほか、第3シーズンに出演した三浦春馬さんを再度見たいという声も上がり、『ごくせん』人気が再加熱中だ。

 そんな仁亀コンビだが、ドラマ終了と同時に下火に。ごくせんブームの一発屋で終わってしまったように思う。特に顕著なのが赤西だ。もともとKAT-TUNの中でも人気の高かった赤西は、2010年には同グループを脱退。