» 三浦春馬、竹内結子が示した「闇」2020年芸能界が示した残酷
カルチャースポーツ社会

三浦春馬、竹内結子が示した「闇」2020年芸能界が示した残酷

三浦春馬、竹内結子が示した「闇」2020年芸能界が示した残酷
social fill

 三浦春馬さんや竹内結子さんの自死など、芸能人の唐突な訃報が続いた今年。コロナ禍も相まって、芸能界のメンタルケアが再注目された稀有な1年となった。

 7月に亡くなった三浦さんについて、未だに出演作品の公開が続き、亡くなる間際まで多忙な日々を送っていたことが想像できる。激やせした三浦さんを見たファンからは「過労死だったのでは」といった憶測も飛び交った。そして、三浦さんの死からわずか2カ月後、後を追うように亡くなった竹内さんの自死も衝撃的なニュースとなった。

 映画『コンフィデンスマンJP』シリーズで共演した過去を持つ2人。『コンフィデンスマンJP ロマンス編』の2人がアイスを食べながら笑い合うメイキング映像が話題を呼び、撮影現場でも仲が良かったと言われている竹内さんと三浦さん。「NEWSポストセブン」(小学館)の記事に登場する映画関係者は「舞台挨拶でもいつも、場を和ませるために冗談を言い合っていて、端から見ていても気が合っているのがよく伝わってきました」と2人の仲の良さについて語っている。

 そんな2人が残した遺作『コンフィデンスマンJP』で主演を務めるのが長澤まさみだ。共演者の死が続き、当時は「メンタルが心配」という声が後を絶たなかった。