石原さとみ「創価学会の壁」夫軽々越えた理由 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

石原さとみ「創価学会の壁」夫軽々越えた理由がすごすぎ

石原さとみ「創価学会の壁」夫軽々越えた理由がすごすぎ
socialfill

 2020年10月1日に結婚を発表し、世間を騒がせた女優の石原さとみ。石原の元カレでSHOWROOM株式会社社長の前田裕二と破局してわずか一年程で結婚を発表した石原に驚きの声が上がった。

 石原の熱愛が報じられる度に出てくる“創価学会問題”を乗り越え、無事結婚にこぎ着けたということなのだろうか……。

 この問題について12月24日発売の「週刊新潮」(新潮社)は「嫁『石原さとみ』の『創価学会命』を義父はどう受け止めたのか」という記事を掲載。石原の結婚相手が創価学会に入ったことについて触れた。

 さらに、石原の結婚相手の義父に創価学会について訪ねると、義父は「彼が判断すればいいと思う。親が何か言う問題じゃない」と返答したという。どうやら2人の結婚については干渉していないようだ。

 石原といえば、元NEWSの山久智久や俳優の佐藤健など、数々のイケメン俳優と浮き名を流したモテ女。2018年4月に報じられた直近の元カレ・前田との熱愛ショットではお互いが指輪をはめており、“結婚秒読み”ともささやかれていた。

 しかし、石原は創価高校出身で両親ともに創価学会員とされている。結婚を決断するには乗り越えなければならない宗教の壁があったのでは……とする声もある。