» 伊勢谷友介「定型文謝罪」再犯の心配消えない理由
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

伊勢谷友介「定型文謝罪」再犯の心配消えない理由

伊勢谷友介「定型文謝罪」再犯の心配消えない理由
socialfill

 もはや謝罪コメントも定型文?芸能界復帰から再犯まで予想される定型の流れ。

 22日、東京地裁で開かれた判決公判で、俳優の伊勢谷友介被告(44)に大麻取締法違反罪で懲役1年、執行猶予3年の判決が言い渡された。

 弁護士を通じたコメントで「本日、東京地方裁判所より判決が下されました」とし、「事実関係につきましては裁判の中で明らかになったとおり」「多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを心から深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 加えて、ファンや関係者に対してお詫びと感謝を伝えた伊勢谷被告。

 今後について「今一度許される事があるならば、社会活動に勤しむ所存」「自分の人生を諦めずに生きてゆきたい」とした。

 この謝罪コメントに対し、ネット上では「入手経路を語らずして反省とは」「社会活動とか常套句」「心からお詫びという言葉に全く重みを感じない」「入手先に迷惑が掛かるとか言って黙秘しておいて?」と入手ルート黙秘のせいで反省を感じとるのは難しい様子。

「またやるな」「やっぱりな、のニュースが流れるのも時間の問題」「合法国に行けばいいのでは」「申し訳ないけど繰り返すと思う」など、伊勢谷被告が再び大麻に手を染めるのではと予想する声も多く挙がっていた。