» 長瀬智也「退所後もドラマ出る」クドカンなら裏方だけじゃなし?
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

長瀬智也「退所後もドラマ出る」クドカンなら裏方だけじゃなし?

長瀬智也「退所後もドラマ出る」クドカンなら裏方だけじゃなし?
socialfill

 12月22日発売の「女性自身」(光文社)が、2021年1月にスタートするドラマ『俺の家の話』(TBS系)で主演を務めるTOKIO・長瀬智也出演の裏側を報じた。

 同ドラマの脚本を務めるのは、宮藤官九郎。長瀬とは2000年放送のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)でタッグを組んで以降、幾つもの話題作を作りあげてきた。

 同誌によると、芸能関係者が「長瀬さんは来年3月末でジャニーズ事務所を退所します。俳優を引退し、裏方に回ると報道されていて、最後のドラマ出演になるかもしれない」と明かしている。また、宮藤は長瀬の演技を絶賛し、長瀬も「宮藤の作品に全部出たい」と語っているなど相思相愛の関係性を綴った。

長瀬にとっては“有終の美”となる予想

 ネットでは「これで見納めは寂しい」「長瀬君の演技をもっと見たい」と最後のドラマ出演に惜しむ声が上がった一方で、「ドラマ楽しみ!」「2人の作品は、全部大好き」「早く見たい」というドラマを楽しみに待つファンも多かった。

 ファンにとってはドラマの番宣で長瀬を見る機会が増えるのは喜ばしいことだろう。毎年、1月クールのドラマは、番宣のため年末年始の特番に俳優が出演することが視聴者にとってひそかな楽しみである。すでに、『関口宏の東京フレンドパーク』(TBS系)への出演が決まっている長瀬。ファンへの最後の恩返しとしては十分すぎるという見方もある。