» 明石家さんま“闇?”オファー、宮迫博之&中田敦彦に批判の理由
カルチャースポーツ社会

明石家さんま“闇?”オファー、宮迫博之&中田敦彦に批判の理由

明石家さんま無断オファー、宮迫博之&中田敦彦に批判の理由
socialfill

 雨上がり決死隊の宮迫博之が、自身のYouTubeチャンネル「WinWinWiiin」でお笑い芸人・明石家さんまに出演を依頼。同チャンネルにはオリエンタルラジオの中田敦彦も登場し、さんまが所属する吉本興業の事務所を介さずに2人で出演を懇願した。

 この宮迫の行為に、世間からは批判が殺到。「これはやり方が卑怯だよ。もし、さんまさんが断ったら、さんまさんが狭量で結局は吉本興業の言いなりでしかないような印象を与えてしまう」「ちゃんとしたルートでするべき」と、苦言を呈す声であふれた。

 宮迫は2019年に、吉本興業所属芸人による闇営業問題に関わった一人として、事務所を退社。現在は心機一転、YouTuberとして活動中だ。「WinWinWiiin」では、加藤浩次やカンニング竹山、スピードワゴンの井戸田潤など、かつて仕事を共にしていたお笑い芸人仲間ともコラボ。視聴者からも話題を呼び、中には視聴回数は300万回を超える動画もある。

“闇営業”の一つに値するのでは

 そんな動画の反響から、さんまに対して軽率にオファーを名乗り出てしまったのだろうか。事務所に確認を取らずに、勢いにまかせて非正規ルートで依頼をするとなると、“闇営業”の一つに値するのでは、という声すらある。

 さんまは以前からYouTubeを敵対視していた。6月に放送した『さんまのまんま35周年SP』(フジテレビ系)では、ゲストで登場した人気YouTuber・はじめしゃちょーに向けて「素人さんの領域をおかすことはできない」とYouTube界に対する自身の考えを語っていた。「ここで生きていくっていう人たちがおもしろいことをいっぱいやる場やもんね。そこへプロが参入したらあかんと思ってたのよ。かわいそうやんか、こうして一生懸命やってきた人が」。