» 『M―1』コントだらけ批判もマヂラブ&おいでやすこがブレイクの兆し
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

『M―1』コントだらけ批判もマヂラブ&おいでやすこがブレイクの兆し

『M―1』コントだらけ批判もマヂラブ&おいでやすこがブレイクの兆し
socialfilll

 12月20日に放送された漫才日本一決定戦『M―1グランプリ2020』(テレビ朝日系)。今年はマヂカルラブリーが優勝を勝ち取り、ピン芸人同士のユニットコンビ・おいでやすこがが2位、3回連続決勝出場の見取り図が3位という結果に終わった。

 2017年にもファイナリストとして『M-1』に出場していたマヂカルラブリー。同年は審査員の上沼恵美子から酷評され最下位という結果に終わったが、リベンジとなった今年は「突き抜けたばかばかしさがマヂカルラブリーらしい」と評価され、見事優勝。番組自体が「今年はコントだらけ」という批判もあるが、いずれにせよ激戦ではあった。

 優勝後、ボケの野田クリスタルが『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)でも優勝していることが話題に上がり、野田は「次は『キングオブコント』(TBS系)で優勝を狙いにいく」と宣言。野田のお笑いに対してストイックな姿勢や、3年越しに『M-1』の舞台で返り咲いたことが「かっこいい」と話題を呼んだ。

「国民行事」と言われるほど注目度が高く、優勝を狙うだけでなく、売れるためになんとか爪痕を残そうと必死な『M-1』の出場者たち。今回も個性的なコンビが出場する中、注目を集めたのが2位のおいでやすこがだ。

 漫才でも披露した小田のガチギレツッコミは、番組中何度も笑いをさらった。ファーストステージで1位通過したおいでやすこががコメントを求められると、小田は「誰を1位にしとんねん」とツッコミ、会場は爆笑の渦に。