» 木下優樹菜「反社自伝」内容に驚愕…一般人でも
カルチャースポーツ社会

木下優樹菜「反社自伝」内容に驚愕…一般人でも

木下優樹菜「反社自伝」内容に驚愕…一般人でも
socialfill

 相変わらず話題性はあるということか……。
 
 17日の「スポニチアネックス」が、7月に芸能界を引退したユッキーナこと木下優樹菜さんの現況と自伝出版の動きについて報じている。
 
 タピオカ騒動による活動自粛、復帰、直後に不倫疑惑も浮上し引退という一連の経緯。
 
 そして、当初は大手出版社を通して年内に自伝を出版する計画があったものの、根強い批判の声やタピオカ店との裁判も継続中であることから、裁判が終わって身辺が落ち着いてからの出版になるのではないかということなどが綴られているのだが……。

批判に次ぐ批判

「この報道を受けてのSNSや大手ポータルサイトでの反応は批判に次ぐ批判という状況です。
 
 『一般人が自伝の出版ですか?自費出版ならわかるけど、たかが言葉の汚い一般人の自伝をまさかそれなりの出版社が出すというのは、おかしいと思います』と、この動向自体に拒否反応を示す声や、『ぜひ教養のない反社気取りの自伝出版してください。記録的に売れないでしょう』と、勝手にすればいいがネガティブな意味で記録的な売上となり、木下さんも出版社も痛い目を見るだろうと指摘する声があります。
 
 木下さんについて報じられるたびに思うことですが、とにかくまずは、裁判に対応するのはもちろんのことタピオカ店への謝罪を真摯に行うことが先ですよね。