» セクゾ「菊池風磨も異変」松島聡復帰もなぜ同グループばかりが…
カルチャースポーツ社会

セクゾ「菊池風磨も異変」松島聡復帰もなぜ同グループばかりが…

セクゾ「菊池風磨も異変」松島聡復帰もなぜ同グループばかりが…
socialfill

 12月15日、1年9カ月ぶりに活動再開を果たしたSexy Zone松島聡の名前がTwitterでトレンド入りし、話題を呼んでいる。

 一方で、12月2日に突然発表されたマリウス葉の芸能活動休止がメンバーの負担になっているのではないかという声も上がっている。

 12月14日から17日の4日間にわたり、松島がグループ初のラジオレギュラー番組『SexyZoneのQrzone』(文化放送)に出演。リスナーが松島のキメ台詞「にゃんにゃん」をリクエストしたことから、先日23歳を迎えた松島が定番の「にゃんにゃん」を披露。これに喜ぶファンが続出し、松島の名前がトレンド入りしたようだ。

 ネットでは「にゃんにゃん可愛かった~」「23歳になっても『にゃんにゃん』やってくれる聡ちゃん最高」「聡くんが復帰して、にゃんにゃん聡くんに会える~ってずっと楽しみにしてたけど、ようやく叶いました」など、ファンも悶絶の様子。

 さらには「どんどんトークも上手になって、すごいなと感動してます」と、番組内で見せた話術に対する称賛の声も寄せられた。

 12月7日の同番組では松島がマリウスの活動休止について言及。「僕も少し前までお休みしていましたが、そのときもメンバー4人はSexy Zoneを守り続けてくれました」と、自身の休養期間に触れ、「これからも僕らはSexy Zoneを守り続けていけるように頑張ります」と意気込みを明かした。マリウスが欠けることで開いた穴を「今度は自分が埋めなければ」という意思の強さが感じられる。

 一方では、松島が復活したSexy Zoneに対して心配の声が上がっている。12月10日の「女性セブン」(小学館)は、メンバーの菊池風磨に異変が起きていると報じた。あるドラマ関係者は、菊池について「ものすごく目をはらし、別人みたいな顔になって現場に来たんです」とドラマ撮影の裏側を明かした。さらに「翌日から1週間近く休むことが決まった」と言い、菊池がドラマ撮影を休んでいたことが分かったのだ。