» 三浦春馬「CM仕事なし」と過労の関係、佐藤健らとの違いとアミューズ
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「CM仕事なし」と過労の関係、佐藤健らとの違いとアミューズ

三浦春馬「CM仕事なし」と過剰労働の関係、佐藤健らとの違いとアミューズ
socialfill

 7月に亡くなった、俳優の三浦春馬さん。

 いまだその急死のショックは大きく、多くのファンが悲しみに暮れている。すでに最後の主演映画『天外者』が公開されてその存在も再注目されている。

 そんな中、webサイト「論座 RONZA」が、三浦さんの死と「芸能界そのもの」に対し率直な疑問をぶつけている。フリーライター・林瑞絵氏の記事には、三浦さんの才能を活かせず、CM偏重になる芸能界への不信感が綴られている。詳細はぜひ記事をご覧いただきたい。

 演技はもちろん、歌も踊りもできて、そしてあのルックスという類まれな存在だったのは間違いない。しかし一方で、最近はCM出演などは少なく、芸能界における「稼ぎのコスパ」としては決して高くはなかったのは確かだ。今の芸能界はCM出演をすることがもっとも稼ぐ方法なのは周知の事実だ。

CMのキャスティングとしてはマイナス

 三浦さんは今年1月、Twitterで「明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職種でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく。皆んなが間違いを犯さない訳じゃないと思う。国力を高めるために、少しだけ戒める為に憤りだけじゃなく、立ち直る言葉を国民全員で紡ぎ出せないのか…」としたが、こうした発言はCMのキャスティングとしてはマイナスという部分はあるのだろう。

 そしてそれが、三浦さんを「追い詰める結果」になったのでは、ともいわれている。