» 三浦春馬「内なる葛藤告白」映画監督との食事と裏側
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

三浦春馬「内なる葛藤告白」映画監督との食事と裏側

三浦春馬「葛藤を告白」映画監督との食事と裏側
socialfill

 7月に亡くなった、俳優の三浦春馬さん。

 三浦さんの主演映画『天外者』が11日に公開され、改めて大きな注目を集めている。大阪を商都とすべく奮闘した五代友厚の生涯を追った作品だが、そのキャラクターと三浦さんの真っすぐな心情がリンクし、多くの人の感動を呼んでいる。

 改めてその急逝を惜しむ声が増えているが、「週刊文春」(文藝春秋)が監督の田中光敏氏へのインタビューを掲載した。

 記事には“座長”としての三浦さんの実力や人間性、撮影時のエピソードなどが語られている。いずれのエピソードも三浦さんの誠実な人間性を表しており「本当に素晴らしい人で。なぜこんなことになってしまったんだろう」「役になりきるための努力人間性も役者としても素晴らしい」「世界で活躍してほしかった」「監督の春馬くんへの想いを感じます」など、多くの賛美が集まっている。

僕だっていろいろ…

 また、注目されている文面もあった。撮影中、監督と三浦さんは最後の2人で焼肉を食べたという。そしてその場で「どうして春馬君ってそんなに真っすぐなの?」と監督が質問したそうだ。

 それに関する三浦さんの回答に注目が集まっている。

「三浦さんは『いやー、そんなことないですよ。僕だっていろいろあるんですよ』と応えたようです。気遣いができる明るい人柄で、周囲には陰を全く感じさせなかったようですね。