» 長澤まさみ「過剰労働」三浦春馬ら想起…「いわくつき」作品表現には批判
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 長澤まさみ「過剰労働」三浦春馬ら想起…「いわくつき」作品表現には批判

長澤まさみ「過剰労働」三浦春馬ら想起…「いわくつき」作品表現には批判

長澤まさみ「過剰労働」三浦春馬ら想起…「いわくつき」作品表現には批判
socialfill

 俳優の三浦春馬さん、女優の竹内結子さんが亡くなるなど、今年の芸能界での悲報はあまりにも多かった。

 こうした出来事が続く中で、芸能界におけるメンタル面のケアなども叫ばれている。売れれば相当な金銭が手に入る一方、不安定な仕事だけに心配が尽きない部分もある。一般人の多くと抱えている不安という意味では同じというわけだ。

 そして、売れた芸能人に関しても「仕事を詰め込みすぎ」「ちゃんと休みを長期間与えるべき」という指摘もある。

「亡くなった三浦さんなどは、死去後も出演作が多く放送、公開され、セカンドシングルも発売、舞台も控えていたなどとにかく多忙だった様子です。売れている芸能人であればあるほど、特に若い芸能人の忙しさを想像を絶するに違いありません。

最近ですと女優の長澤まさみさん、俳優の菅田将暉さんなどが『常に何かに出演している』という指摘があります。『一つ一つの役を大切にし学び稽古し体作りをして演じる人は肉体的にも精神的にもかなり辛いと思います』『本人が希望もしくは納得しているのであれば構わないが、無理のないスケジュールを強いることはしないで欲しい』『芸能界の労働環境、とても大変そう』など心配の声はやはり多いです。