» 三浦春馬ファン「殺意しかない」悪徳転売ヤー「特定」の事態に
カルチャースポーツ社会

三浦春馬ファン「殺意しかない」悪徳転売ヤー「特定」の事態に

三浦春馬ファン「殺意しかない」悪徳転売ヤー「特定」の事態に
socialfill

 俳優の三浦春馬さん主演映画『天外者』が11日に公開され、多くの人が足を運んだ。

 今年7月に急逝した三浦さん。そんな彼の最後の主演映画ということで、その注目度は高い。その演技に多くの反響が寄せられているが……。

 一方で、限定で発売されている『天外者』のグッズが、フリマアプリ「メルカリ」などで高額転売され、問題視されている。公開初日からあっという間に転売が開始され、本来よりも2倍以上の値段で売買されているという。世間やファンからは怒りの声が溢れた。

 転売ヤーに関しての批判も大きいが「そもそも販売数が少なく過ぎる」「あとでネット販売できないのか」「映画チケットを購入した人にだけ買えるようにすべき」と関係者への不満も見受けられる。

 三浦さん急逝の衝撃はあまりにも大きく、こうした一部の人間の行動に怒りを覚えるファンがいるのは当然だ。しかし、過剰になるのは困りものか。

「『デイリー新潮』が今回の転売問題を報じたところによれば、一部ファンは取材に『本当に悔しい。殺意しかない。地獄に落ちてほしい』と発言したとか。この方は取材に対して応じただけではありますが、SNSにはこういった発言が多く見受けられます。