» 平手友梨奈「暗すぎ」欅坂46もソロも同じ不協和音とは
カルチャースポーツ社会

平手友梨奈「暗すぎ」欅坂46もソロも同じ不協和音とは

socialfill

 9日に放送された『2020FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)に元「欅坂46」メンバーの平手友梨奈さんが、グループ脱退後としては初の音楽番組出演を果たし、ソロ曲を初披露したと「スポニチアネックス」(スポーツニッポン新聞社)が報じている。
 
 今回平手さんが披露した「ダンスの理由」という楽曲は、平手さん自身が一から制作に携わっていること、歌詞には「結局あの娘を見てると 一番辛かった頃の私を思い出すの」など平手さんの独特の世界観が反映されていること、SNSでは「歌詞だけで泣きそう」「秋元先生とたくさん話し合って歌詞も紡いでいったんだろうな」などのコメントが寄せられていることなどが綴られているのだが……。
 
 「スポニチさんの記事では触れられていませんけど、ネット上での評判はむしろ『相変わらず…』と否定的なコメントの方が大勢を占めているように見受けられました。
 
 『本人のためにも、こんな歌詞ばかり歌っていないほうが良いと思う』『結局欅坂と何も変わってなくて草』などといった具合ですね。
 
 せっかくソロとして自由に表現できるようになったわけですが、今回の『ダンスの理由』を見た限りでは、引き続き秋元康さんの七光で生きていく気満々ではないかと思いますね。