» 新田真剣佑「三浦春馬との関係」裏であった出来事とは
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

新田真剣佑「三浦春馬との関係」裏であった出来事とは

新田真剣佑「三浦春馬との関係」裏であった出来事とは
socialfill

 新田真剣佑の主演映画『ブレイブ -群青戦記-』で大人気ロックバンド・UVERworldが主題歌を担当することが分かった。同映画には7月に亡くなった三浦春馬さんも出演しており、注目を集めている。

 同映画は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の人気漫画「群青戦記 グンジョーセンキ」を実写化したもの。高校生VS戦国武士という異色の物語と豪華俳優陣のアクションが見どころだ。

 主人公の西野蒼を演じる新田は「歴史の砂時計に翻弄された高校生たちが、果たしてどんな未来を見つけるのか。ぜひ、UVERworldさんの音楽と共に楽しんでいただきたいです」とコメントした。

 ネットでは「予告見た感じだとすごくおもしろそうだった」と映画公開に期待を膨らませるファンのほか、親交が深かった新田と三浦さんの共演を楽しみにする声も。

「真剣佑さんと春馬さんの魅力の相乗効果、今からわくわくします」「『天外者』とはまた違う素敵な春馬くんを、何度も見て心に焼き付けたい」「真剣佑さんが春馬さんを慕っていて、春馬さんもとても可愛がっていたようですから、そんな背景も踏まえてこの作品を観たいと思います」といったコメントが寄せられている。

 三浦さんの死後、佐藤健や三浦翔平、城田優などの発言に注目が集まっているが、新田も三浦さんと仲の良かった俳優の一人だ。舞台「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」では、三浦さんが演じた主人公を10年後に新田が務めたという共通点もある2人。