» 有村架純「キンプリ高橋海人おかげ」林遣都で『姉ちゃんの恋人』視聴率回復
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 有村架純「キンプリ高橋海人おかげ」林遣都で『姉ちゃんの恋人』視聴率回復

有村架純「キンプリ高橋海人おかげ」林遣都で『姉ちゃんの恋人』視聴率回復

有村架純「キンプリ高橋海人に救われた」林遣都で『姉ちゃんの恋人』視聴率回復
socialfill

 8日に放送された連続テレビドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)の第7話が、7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率だったことが9日分かった。
 
 第1話は9.2%となかなかのスタートを切ったものの、第2話で6.2%へ急降下。
 
 以降は少し盛り返し、第3話で7.3%、第4話が7.0%、第5話は7.4%、第6話が7.3%となっていた中で、今回は第1話以来となる【7.5%】を超える7.7%まで数字を伸ばしてみせた。
 
「期待値の高かった第1話の内容が正直イマイチすぎて、その影響が第2話の視聴率でもろに出てしまっていました。
 
 以降も、なかなか挽回するところまではあと一歩という感じでしたが、先週の第6話、昨日の第7話とネットでの評判が上々で、数字も改善傾向にありますよね。
 
 第7話では特に、和輝(高橋海人さん)が真人(林遣都さん)に対し『本当に大切な姉なんです。どうかあなたが傷つけることだけはしないでください。もし、あなたが姉を傷つけるなら僕はあなたを許さない』と真人と交際を始めた姉の桃子(有村架純さん)を想って告げるシーンが視聴者の反響を呼んでいます。