» ミスチル桜井和寿「不倫&人気落ちて紅白」にファン反発の裏
カルチャースポーツ社会

ミスチル桜井和寿「不倫&人気落ちて紅白」にファン反発の裏

ミスチル櫻井和寿「不倫&人気落ち」紅白出場にファン反発の裏

 2008年以来、2回目の『NHK紅白歌合戦』(NHK)への出場が決まっている国民的バンド・Mr.Children。12月8日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、同グループが出場に至った経緯を報じた。

 同誌は「桜井和寿はかつての不倫騒動を乗り越えて円満な家庭を築いていて、年末年始にハワイ旅行へ行くのが恒例のようだ」とボーカル桜井和寿の不倫について綴った。さらに音楽ライターが「“そもそも音楽は勝ち負けをつけるものじゃない”と公言しています」と、彼らが紅白出場を拒否していた理由を明かした(五輪主題歌で出場は一度ある)。また、レコード会社関係者は「ファンが少なくなっている。紅白を話題づくりの起爆剤のひとつにしたいのではないか」と、『紅白』出場への経緯を説明した。

 この報道に対しネットでは、「ファンが減少しているのは本当か?」「ファンが減少していても動じない」「本当にファンが減っていたら、コンサートチケットの競争が少なくなるから嬉しい」と否定的な声が多かった。

 近年でもMr.Childrenのコンサートチケットは、倍率が高いことで有名。ファンが減っている可能性は少く、むしろ「今年はライブができなかったから出場したのでは」などファンの中では様々な憶測が飛び交っている。