NiziU人気は「印象操作」韓国肯定も日本否定も | Social Fill
カルチャースポーツ社会

NiziU人気は「印象操作」韓国肯定も日本否定もばかばかしく…

NiziU人気は「印象操作」韓国肯定も日本否定もばかばかしく…
socialfill

 8日の「AERAdot.」(朝日新聞出版)が、2日にCDデビューを果たしたばかりのNiziUの躍進について報じている。
 
 記事には、NiziUのファン層は10代後半~20代前半がメインながら、中高年の40~50代のファンも多く爆発的な人気となっていること、長期に渡るオーディションの模様を放送したことで、食い入るように見ていた10代後半~20代前半の子どもを持つ世代である40~50代にも訴求効果があったと思われること、日本のJ-POPは日本国内で売れれば十分と考えている中、韓国のK-POPは世界基準であり、日本やアメリカのミュージックシーンで通用するようにとダンス、歌、エンターテイメント性のどれもレベルが高く、メディア戦略などをとっても日本の音楽関係者が危機感を覚えていることなどが綴られているのだが……。
 
「オーディション最終盤、その直後の『Make you happy』のMVでのプレデビューのときからもそうでしたが、さすがにゴリ押しや印象操作が過ぎるのではないかと思いますね。
 
 朝日新聞さんに限らず多くのメディアが、正式デビュー前から必要以上に持ち上げ過ぎかと。
 
 もちろん、1年以上に渡るオーディションを勝ち抜いてきた9人のパフォーマンスは及第点にあるとは思いますが、それこそK-POPの諸先輩方に比べたらまだまだ足元にも及ばないですし、J-POPで言えばE-girlsさんあたりの方が遥かに高いスキルを見せています。
 
 実が伴っていない中で、過剰な売り込みをすることはマーケティング技法としてもいかがなものかと思いますよ。