» BIG12億円「インチキくじ」論が出た深刻理由と「一回くらい…」
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

BIG12億円「インチキくじ」論が出た深刻理由と「一回くらい…」

BIG12億円「インチキくじ」論が出た深刻理由と「一回くらい…」
socialfill

 夢の高額当選も世間からは改めて疑念の声が。

 第1210回スポーツくじMEGA BIG(メガビッグ)で、1等12億円が1本出て、スポーツくじで史上最高額の当せん金額となった。

 20年2月から販売されコンピューターが無作為に数字を選出、購入者が試合結果の予想をしないMEGA BIGだが、これまでに1等当せんはゼロ、初めての当せんとなった。

 更に繰越金は44億円以上で、次回も1等が最高額の12億円となる可能性があるとあって、期待が膨らみそうなものだが、世間は冷ややか。

「こんなに要らないから、当たるようにしてほしい」「これ本当に当たるの」「まったく当たる気がしないんだけど」などコンピューターが無作為選出による当せんの難しさを嘆く声。

 それ以上にコメントが並んだのは、「そろそろ出る気がしてた」「タイミングが怪しすぎ」「一回くらい出しておかないと」など、あまりの当せんの出なさに囁かれる「インチキくじ」の噂が再燃している。