» 渡部建「会見ヤジ男」の名前は…「ガキの使いじゃない」の不快感
カルチャースポーツ社会

渡部建「会見ヤジ男」の名前は…「ガキの使いじゃない」の不快感

渡部建「ヤジ在阪局D」の名前は…「ガキの使いじゃない」の不快感
socialfill

 3日、不倫騒動における謝罪会見を開いたアンジャッシュ・渡部建

 一連の騒動によって芸能活動を自粛していたが、先日大晦日の『ガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)への出演が決まったと報じられ、批判が再燃。本人も事務所もこのまま復帰はできないとして、会見を開いた。

 案の定、今回の会見でも謝罪だけに終始する渡部に世間からは批判が噴出。一方で、よってたかって渡部を攻撃する芸能リポーターらには「いじめの構図」「見ていられない」と不快感をあらわにする声も多くなった。

 その中でも「われわれもガキの使いで来ているんじゃないんだから」とジョークめいたヤジを飛ばした人物には「何様のつもりなのか」「リポーターや記者も大きい名札みたいなの下げてやるべき」「人間性を全否定してもかまわない、という姿勢」と渡部と同様のバッシングが降り注いだ。

 この人物に関し「フライデー」(講談社)が『在阪テレビ局の“芸能専門”ディレクター』であることを明かしているが……。