» 三浦春馬「情報操作」アミューズ疑念がアノ映画で再燃か
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

三浦春馬「情報操作」アミューズ疑念がアノ映画で再燃か

三浦春馬「情報操作」アミューズ疑念がアノ映画で再燃か
socialfill

 4日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で、映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が放送された。

 主演の大泉洋が筋ジストロフィーの男性を演じ話題になった作品だが、共演で今年7月に亡くなってしまった三浦春馬さんが出演している点からも、放送で話題になった。

 放送に際して大泉が所属事務所公式サイト上の「CUE DIARY」を更新し「三浦春馬くんと、豊平川の河川敷を毎日のように一緒に走った事が昨日のことのように思い出されます。自分は特に痩せなきゃいけない役でもなかったのに、僕と一緒にずっと走ってくれました」「彼は数々の作品とともに僕らの胸の中で永遠に生き続けてくれるはずです」とコメント。多くの反響を呼んだ。

 今回の放送で改めて注目を集める三浦さんの急逝。一部ファンの間では、今回の放送で、所属事務所アミューズに対する疑問が再燃してしまっている。

「ファンの中には『#情報操作』というワードが多用され、一時トレンドにもなりました。いずれの方も、アミューズの三浦さんい関連の情報に対する疑問を述べています。