» 手越祐也退所へ「実は孤立」嵐、キンキら先輩に嫌われまくりな「あの事件」
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 手越祐也退所へ「実は孤立」嵐、キンキら先輩に嫌われまくりな「あの事件」

手越祐也退所へ「実は孤立」嵐、キンキら先輩に嫌われまくりな「あの事件」

手越祐也退所へ「実は孤立」嵐、キンキら先輩に嫌われまくりな「あの事件」
photoAC

 先日「週刊文春」(文藝春秋)で、緊急事態宣言中のキャバクラ遊びが報じられ、世間から非難を浴びているNEWS手越祐也

 すでにジャニーズ事務所は事実があったことを謝罪し、期間限定のチャリティーユニット「twenty★twenty」からも外れることが発表された。これまで数多くの醜聞をまき散らしてきた手越だが、ついに明確な処分が下された格好だ。

 世間が「ソーシャルディスタンス」を心がける中、影響力ある芸能人ながらそれと真逆の行動をしてしまった手越への反発が強いのは当然といえる。さすがのファンも「擁護できない」と見離す声も増えている状況だ。

 いよいよ追い詰められた手越。ただ、一部報道では「当の本人は今回の処分に納得はいっていない」との話もある。

「もともと手越さんは仕事とプライベートの切り分けがはっきりしていて、仕事においては悪いウワサがなく、かなりプロ意識が高いという業界評もあります。

一方、その反動というべきか、プライベートはどこまでも飛ばすタイプ。過去にも女性との熱愛報道が何度も出ましたし、怪しい人物との写真が出回ったこともあるなど、途端に分別がなくなるんです。『仕事で結果が出ているからいい』というスタンスかもしれませんし、。これまではそれでよかったかもしれません。ただ、新型コロナウイルスは国家的な問題で、それに協力しない姿勢ともとらえられかねません。やはり、今回ばかりは擁護もしづらいですね」(芸能記者)

 世間もファンも、そしてジャニーズ事務所も擁護できない状況の手越。

 13日の自身のブログでは『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のメンバーとリモート収録をし和気あいあいと話した、と報告したが、NEWSメンバーとは連絡を取り合っていないようだ。

 もはや「事務所でも孤立」しているのでは、というウワサもあるほどだ。