» 竹内結子「三浦春馬との差」事務所対応の違いでついた「急逝後明暗」
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 竹内結子「三浦春馬との差」事務所対応の違いでついた「急逝後明暗」

竹内結子「三浦春馬との差」事務所対応の違いでついた「急逝後明暗」

竹内結子「三浦春馬との差」事務所対応の違いで明暗が…
socialfill

 今年9月に、突如亡くなった女優の竹内結子さん。

 竹内さんの死にはいまだ多くの人がショックと哀しみのただ中にあり、SNS等では毎日のように竹内さんを悼むコメントが並ぶ。

 また、先日から竹内さんの公式インスタグラムの「フォロワー数が1000人ずつ減っている」とも話題になっており、いったい誰が動いているのか、という声も出ている。

 無論、亡くなった衝撃からさまざまな憶測が出るのはある程度仕方のないことではある。しかし、いまだその理由は謎に包まれたままだ。

「ビートたけしさんは雑誌社のインタビューで芸能人の自死が多いことに『芸能人は余生は長い』『若いうちに成功しちゃうと、その後の人生で大した事できないのかなと考えてしまう』といった主旨の発言をしています。竹内さんも20台前半ですでにスターダムに上り詰めていました。

一方で、同じく今年亡くなった三浦春馬さんほどは、世間やファンの憶測等は激しくない印象です。死を選んだ理由こそはっきりしませんが、自死に至った後のスターダスト側の対応が悪くなかったからか、あらぬ憶測を呼ぶことはありませんでした。