» アンジャッシュ渡部建「引退会見になる」松本人志の「世間とのズレ」にも再バッシングの理由
カルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • アンジャッシュ渡部建「引退会見になる」松本人志の「世間とのズレ」にも再バッシングの理由

アンジャッシュ渡部建「引退会見になる」松本人志の「世間とのズレ」にも再バッシングの理由

渡部建「引退会見になる」松本人志の「世間とのズレ」にも再バッシングの理由
socialfill

 アンジャッシュ渡部建が、近日中に「謝罪会見」を開くことがわかった。

 一連の不倫騒動で芸能活動を休止中の渡部。年末の『ガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)に出演が報じられたが、これに世間から猛バッシングが降り注いでいた。世間だけでなく、ロンドンブーツ1号2号の田村淳や、陣内智則からも苦言を呈される始末である。

 そんな中での「謝罪会見」報道。一度謝罪をして、何とか復帰と出演を認めてもらおうということだろうか。本人は「会見しないと周囲に迷惑を掛けてしまう」とのことだが……。

『多目的トイレでの行為』

「世間からは『遅きに失すると言う言葉がそっくり当てはまる』『番組の収録をして出演が決まってから会見を開いてもただの事後承諾と、形を整えただけ』『会見したら復帰の道筋ができてしまうということか』と、改めて否定的な意見が相次いでいます。

渡部さんの最大の問題は不倫そのものはもちろん、『多目的トイレでの行為』により、多目的トイレのイメージを汚し、利用が必要な人々を困らせてしまったことです。また、その後ダンマリを決め込んで、復帰の道筋が見えたから会見という後出しジャンケンも問題ですね。

ここまで批判が大きくなると、まさかの『引退会見』に変更となる可能性もありますね」(メディア記者)