» 有村架純「大苦戦」ドラマヒットしない理由…本人は悪くないか否か
Uncategorizedカルチャースポーツ社会

有村架純「大苦戦」ドラマヒットしない理由…本人は悪くないか否か

有村架純「大苦戦」ドラマヒットしない理由…本人は悪くないか否か
socialfill

 女優の有村架純が主演しているドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)が大苦戦しているようだ。有村は共演者との関係良好を語っており、ドラマの公式SNSなどでも仲睦まじい写真を公開しているが、“内容が…”という視聴者からの感想が相次いでいる。

 12月1日に発売された「週刊女性」(主婦と生活社)は「有村架純、弟3人を養うお姉ちゃんを熱演中」という有村のインタビュー記事を掲載。

 有村は、「きょうだい役なので普段から敬語を使わないようにしたり、呼び名も決めたんです」「作品に入る前に数時間、一緒にトランプやテレビゲームをして。コミュニケーションをとったおかげでそのあと割と早く打ち解けることができました」と語った。

 また、ドラマの公式SNSは、共演する女優の奈緒とお揃いのジャージを着た有村の写真を投稿。ファンから「双子コーデお似合いです」などコメントが多く寄せられ、その他共演者との写真にも“かわいい”という有村のビジュアルを絶賛する声が多数見られた。

 一方で、同ドラマの内容には「どの層に人気あるのこれ」「現実的でなさすぎて」「内容が暗い、ノリが寒い」といった厳しい意見が見られ、なかには有村を擁護して「脚本だと思うけど…」「一話だけ見て挫折したけど、有村架純じゃなくても爆死してたと思う」と脚本が単純に視聴者に受け入れられなかったというコメントが見受けられた。