» 東出昌大「絶好調」再評価のワケ…起用したい人続出?
カルチャースポーツ社会

東出昌大「絶好調」再評価のワケ…起用したい人続出?

東出昌大「絶好調」再評価のワケ…起用したい人続出?
socialfill

 俳優の東出昌大が出演している映画『スパイの妻(劇場版)』が10月16日に公開され、劇中での東出の冷徹な演技がネットで話題を呼んだ。東出は、蒼井優演じる主人公の幼なじみで憲兵の津森泰治役を好演した。

 東出演じる津守は、“国家機密を正義のため世に知らしめようとする主人公たちを追い詰めていく”という役柄なのだが、東出に称賛の声が上がっているようだ。しかし、着々と“しれっと復帰”を進める東出に賛否両論の意見が噴出している。

 11月27日に「WEB女性自身」(光文社)は「東出昌大 出演映画で怪演話題も“しれっと復帰”に疑問の声」という記事を掲載。

 同記事では、「馴染みの好青年から冷徹な仮面を被った軍人へ変貌する東出さんの演技が素晴らしい」「怖い雰囲気がよく出ている」というネットの声を紹介。

 一方で同作のほかにも出演作の公開を控える東出に対して、スキャンダル発覚からそれほど時間が経っていないにもかかわらず多くの作品に出演する姿勢について疑問を呈する声も数多く見られ、「こんなに出てこられるのは、ちょっとまだ無理」「復帰してるのほんと謎、不快極まりない」など辛辣な意見が見られたことも綴っている。