» 小栗旬『日本沈没』三浦春馬さんら想起…TBSゴタゴタまみれ
カルチャースポーツ社会

小栗旬『日本沈没』三浦春馬さんら想起…TBSゴタゴタまみれ

小栗旬『日本沈没』三浦春馬さんら想起…TBSゴタゴタまみれ
socialfill

 2021年10月のTBS系日曜劇場が、小栗旬主演で『日本沈没』になることが発表された。

『半沢直樹』に代表される、全局ドラマ枠でもっとも数字の取れる日曜劇場。小栗の『日本沈没』は、1973年刊行の小松左京によるSF小説の舞台を2023年の東京に置き換えアレンジしたストーリーとのこと。共演は杏、松山ケンイチ、仲村トオル、香川照之と豪華である。

 もっとも注目される枠だけに反響は大きいが、世間の反応はイマイチだ。「今のこのご時世にパニック物はちょっと嫌」「ネガティブなテーマのドラマとかやめて欲しい」「震災で津波にやられた方々だって、イヤな思いはどこかで感じるのでは」「コロナで憂鬱なのに更に追い打ちかけられるように感じますが」など、新型コロナウィルスで世間が閉塞感に包まれている状況でのチョイスとしてはどうなんだ、という意見が少なくない。

 また「放送局のモラルが……」「TBSは最近本当に信用できない」「視聴率のためならなんでもあり」など、TBSの姿勢そのものに厳しい意見が投げかけられている。

 確かに最近、TBSはゴタゴタが多い。

「フリーアナウンサーの小林麻耶さんが情報番組を突然降板になり、互いの言い分の食い違いがありました。その前後には歌手のMISIAさんが番組企画で乗馬中に落馬骨折。スタッフの動きが馬を興奮させてしまったのでは、ともいわれています。