» MISIA「声戻らずの現在」TBS落馬骨折で歌手生命危機
カルチャースポーツ社会

MISIA「声戻らずの現在」TBS落馬骨折で歌手生命危機

MISIA「声戻らずの現在」TBS落馬骨折で歌手生命危機
socialfill

 先日『news23』(TBS系)の密着取材で乗馬から落馬、「胸椎棘突起部」骨折をしてしまった歌手のMISIA

 25日の定例会見では佐々木卓社長が「MISIAさんが私たちのニュースの取材中にケガをされたこと、心よりおわび申しわげるとともにお見舞い申し上げます。MISIAさんが一日も早く回復されることを願っています」と謝罪した。

 しかし、社長が謝罪するまでのTBSの対応はお粗末という他ないものだった。現場のトレーナーが取材クルーの動きや機材に馬が反応したと指摘が世間から巻き起こったが、TBSは自分たちに非がないかのような応対もしていた。同会見で竹内明報道局長は「MISIAさんの乗馬中にスタッフが動いたことは事実です。インタビューの準備で機材を運んでいました。(トレーナーの)指摘を真摯に受け止めています」と話していたようだが……。

 発売中の「週刊新潮」(新潮社)が、今回の出来事を深掘った記事を出している。

「MISIAさんは予定されていたコンサートも中止に加え『NHK紅白歌合戦』も出場危機というダメージや経済的損失の大きさを指摘していますが、何より気になるのが、仮にMISIAさんが回復しても『あの声が元に戻るのか』という指摘です。