» 巨人「悪夢」史上初の2年連続4タテ終戦…ソフトバンク日本シリーズ4連覇
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 巨人「悪夢」史上初の2年連続4タテ終戦…ソフトバンク日本シリーズ4連覇

巨人「悪夢」史上初の2年連続4タテ終戦…ソフトバンク日本シリーズ4連覇

巨人「悪夢」史上初の2年連続4タテ終戦…ソフトバンク日本シリーズ4連覇
socialfill

 25日の日本シリーズ第4戦は、大方の見方どおりソフトバンク巨人を圧倒し、4連勝いわゆる4タテでの日本一を決めた。

 初回にいきなり坂本選手のタイムリーヒットが飛び出し、シリーズを通じて初めて先制した巨人だったが、直後の1回裏にソフトバンクの柳田選手に逆転の2点本塁打を浴び逆転を許すと、2回裏にも甲斐選手に2点本塁打を喫してしまう。

 頼みの打線も2回以降はソフトバンクの強力投手陣の前にゼロ行進。9回にようやく一死一二塁と一打同点の場面を作るもあと1本が出ず。4試合の中ではいちばん良い試合だったと言えるものの、最後まで力及ばなかった。

 「これで、巨人は長いプロ野球の歴史の中で1度もなかった『2年連続4タテで日本シリーズに敗れる』という屈辱を喫してしまいました。

 一方で、ソフトバンクは昨年から継続してきたポストシーズンの連勝を16に伸ばし、日本シリーズの連勝記録も12まで伸ばしました。そして、巨人のV9以外では初となる4年連続日本一という偉業達成となりました。

 今年は巨人が弱かったというよりも、ソフトバンクが強すぎた日本シリーズという印象が強いですね。

 ただ、技術的なこと以前に『意識』という面で巨人は大きく劣っていたのも事実です。

 凡打でも全力疾走する、守備位置に向かう時も走っていくなど1つ1つのプレーの質や、ベンチメンバーを含めた声出しなどの雰囲気作りで、ソフトバンクは一切の隙がありませんでしたからね。