三浦春馬無視で「AAA開催」コロナ爆発でもお別れ会より優先 | Social Fill
カルチャースポーツ社会

三浦春馬無視で「AAA開催」コロナ爆発でもお別れ会より優先の指摘

三浦春馬無視で「AAA開催」コロナ爆発でもお別れ会より優先の指摘
socialfill

 俳優の三浦春馬さんが亡くなって、すでに4カ月が経過しているが……。

 新型コロナウィルスの蔓延もあって、所属事務所アミューズが予定した三浦さんの「お別れ会」も来年7月に延期。ファンはまだお別れを告げていない状況だ。

 世間の状況を考えればそれも仕方のないことで、その点においては文句はないはずだ。

 しかし「三浦春馬はやらないのに、なんでそっちは……」というファンの疑問が消えないイベントがある。

『三浦春馬のお別れ会は延期でも、他のイベントはやる』

「同事務所の岸谷五朗さん、寺脇康文さん、三浦さんの3人を中心に開催していた『Act Against AIDS「THE VARIETY」』を改名した『Act Against Anything』が東京武道館で12月1日に開催されます。

ですが『春馬くんのお別れ会はやらないのにAAAはやるのね』『春馬くんを利用している』『長く一緒にやっていたのに、岸谷も寺脇も宣伝でようやく三浦春馬にコメントしている』など、疑問が殺到しました。

もともとアミューズに対しては死去後の発表や対応への疑念、過剰労働説などが叫ばれており、その上で『三浦春馬のお別れ会は延期でも、他のイベントはやる』という構図に怒りの声があるというわけです。