» 巨人「全員クビで」日本シリーズ完封負けソフトバンクに成すすべなし
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 巨人「全員クビで」日本シリーズ完封負けソフトバンクに成すすべなし

巨人「全員クビで」日本シリーズ完封負けソフトバンクに成すすべなし

巨人「最悪完封負け」日本シリーズソフトバンクに成すすべなし
socialfill

 24日の日本シリーズ第3戦は、ソフトバンクが巨人を4-0、完封リレーで圧倒した。

 ソフトバンクの先発ムーアが7回までノーヒットで収め、その後のモイネロ、森の必勝リレーで巨人に何もさせなかった。打線は中村晃の本塁打、グラシアルのタイムリーなどで着実に加点した。

 1戦、、2戦目と同様、巨人は成すすべもなかった。ここまで「完敗→大敗→完封」とやられたい放題である。

「いよいよ4タテ王手となってしまいました。原監督としても策がないという感じでしょう。9回裏ツーアウトで丸選手がヒットを打つのがやっとでした。ファンからも『全員クビでいい』『プロとアマの差』とまでいわれてしまっています。

世間もファンも『セリーグとパリーグでここまで差があるのか』と信じられない思いだと思います。日本シリーズの存在意義にまで発展しそうですよ」(メディア記者)

 丸選手だけはほっとした感じか。いずれにせよ「球界の盟主」という看板はもう下ろすべきかもしれない。
(文/城島信二)