» 三浦春馬「窪寺昭らとは違う」天外者“痩せすぎ”の真相
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「窪寺昭らとは違う」天外者“痩せすぎ”の真相

三浦春馬「窪寺昭とは違う」天外者“痩せすぎ”と労働環境
socialfill

 23日の「フライデー」(講談社)が、芸能界における「舞台俳優」のプレッシャーや、新型コロナウィルスの影響について語っている。

 今月13日には俳優の窪寺昭さんが自殺したと報じられたが、窪寺さんは主戦場が舞台。コロナ禍による緊急事態宣言が発せられると多くの舞台公演が中止になり、その後も元通りには至らず。それに加え役者は「収入激減」「中止になれば稽古も無駄になるため、俳優たちの『絶対に感染できない』というプレッシャーは想像を絶する」などと解説している。

 テレビや映画とは比較にならないプレッシャーがあるという舞台。今回の記事は、そういった事情と芸能人の自殺を絡める内容だったが……。

 7月に亡くなった三浦春馬さんに関し、疑問の声が多く上がっている。

「『連ドラのメインも、映画の主演も、大舞台の主演も、全部やっていた春馬くんのプレッシャーって、一体どれだけだったのか』『亡くなられた方を一括りにしては語れない』『コロナ禍だけを理由には語れない』『真実を調べてほしい』など、一括りにされることへの疑問があります。