» 三浦春馬「紅白出演」審査員の“夢”と「AI説」への異論
カルチャースポーツ社会

三浦春馬「紅白出演」審査員の“夢”と「AI説」への異論

三浦春馬「紅白出演」審査員の“夢”と「AI説」への異論
socialfill

 年末の『NHK紅白歌合戦』が近づいてきた。

 今年は朝ドラ『エール』や『鬼滅の刃』で大ブレイクしたLiSAなど多彩な顔触れ。新型コロナウィルスの蔓延により無観客での開催など、例年にない形ということでも注目を集めている。

 そんな中「JCASTニュース」が、7月に亡くなった三浦春馬さんが『出演するのではないか』と報じている。

 記事によれば「三浦さんの夢は『紅白歌合戦の審査員』で、ことあるごとに語っていた」ことや「『世界はほしいモノにあふれてる』で共演していたJUJUが出場する」など、三浦さんにとって思い入れのある番組で、出場する理由があること、審査員席を「空席」にして用意するのでは、とも語られている。

下手な演出をしてほしくない

 しかし、世間は懐疑的、かつ拒否的な意見も多い。

「『下手な演出をしてほしくない』『あえて、スルーしてほしい。紅白と春馬くんは何らこれまで関係ないし』など、わざわざ触れてほしくはないという意見も少なくないですね。もちろん『夢を叶えてほしい』という声もありますが『大河(おんな城主直虎)に出演していた時に出してあげてほしかった』と、今さら……という嘆きの声もあります。