» 小島瑠璃子「破局」原泰久「キモすぎ性癖」とキングダム劣化にがっかり
Uncategorizedカルチャースポーツ社会
  • ホーム
  • カルチャー
  • 小島瑠璃子「破局」原泰久「キモすぎ性癖」とキングダム劣化にがっかり

小島瑠璃子「破局」原泰久「キモすぎ性癖」とキングダム劣化にがっかり

小島瑠璃子「破局」原泰久「キモすぎ依存」とキングダム劣化
socialfill

 先日、26歳差熱愛が報じられ大騒ぎになったタレントの小島瑠璃子

 お相手は人気漫画『キングダム』の作者である原泰久氏。原氏にはそれまで妻子がいたが、熱愛報道時にはすでに離婚していたとのことだ。

 小島の「略奪愛では」という声もあったが、親族はそれを否定している。いずれにせよ、小島のイメージも原氏の印象もよくないのが現状だ。

 しかし「週刊女性」(主婦と生活社)が「ここ最近こじるりが原先生のことを“グチっている”んです。付き合いたてのころは彼女がゾッコンだったのに、近ごろは先生のほうがこじるりに“依存”し始めているみたいで。毎日のようにこじるりに電話をかけており、長いときには2時間になることも」と報じている。小島もやや疲れ気味とのことだ。依存しやすいのは原氏の性癖だろうか。

「小島さんはまだ20代で、普通に考えて彼氏も選び放題。一時的に夢中になっても、やっぱりやめた! とするのは簡単です。原さんはわかりませんが……。