» 韓国BTS「兵役」の結末…ARMYの意外な反応
カルチャースポーツ社会

韓国BTS「兵役」の結末…ARMYの意外な反応

韓国BTS「兵役」の結末…ARMYの意外な反応
socialfill

 本人は「当然の義務」と冷静発言も、騒いでいるのはファンだけか。

 20日、韓国人気グループBTS(防弾少年団)メンバーの軍入隊期限が迫り注目を集めていた兵役延期法案、が通称BTS法案が国会国防委員会を通過した。

 BTSのように国のイメージを高める活動を行う芸能人の兵役延期を認めないことは不合理だとし発議された改正案。

 法案賛成派に天文学的な規模の経済効果をもたらし、兵役を免除した方が国益にもプラスになるとまで言わしめ、ついには国の徴兵制度まで変えてしまう切っ掛けになってしまったBTSだが、メンバーで最初に入隊期限(28歳まで)を迎えるJINは「兵役は当然の義務」と語るなど温度差は歴然。

 それでも韓国国内の世論調査では賛成が7割近いとの報道もあるなど、世論を味方にBTSファン、通称「ARMY」は歓喜してると思いきや、「メンバーは兵役に行くと言っているのに延期にする必要あるの」「年齢が若いうちに兵役を済ませたほうが良いんじゃ」「寂しいけど待ってる」など入隊延期を喜ぶよりも本人の意思を尊重する意見が多数。