» 最上もが「擁護なし」妊娠批判コメも「もうSNSやめろ」の声
カルチャースポーツ社会

最上もが「擁護なし」妊娠批判コメも「もうSNSやめろ」の声

最上もが「擁護なし」妊娠批判コメも「もうSNSやめろ」の声
socilafill

 先日妊娠を発表した元でんぱ組.incの最上もがが、SNSで自身への反応について語った。

 最上は20日、インスタグラムのストーリーズで「賛否があるのはなんでも当たり前だよ て言いたい気持ちもわかります」「ただ、自分が望んで自分で選んだ道で 不幸ですなんて言ってないし 生まれてくる子に言われたわけでもなくて 未来は誰にもわからない。妊娠して嬉しかったのに、そのことに賛否、ってどんだけ嫌われてるんだろ て思っちゃったのでした。笑 たぶん、最上もがだから言われるんだろうなー」「「世間からのイメージあんまよくないのなんとなく気づいてましたけど ここまでかーって感じでした」など、自身のネガティブな反応に心を痛めている様子をつづっている。

 結婚はしないこと、お相手などについても一切を明かさないため、さまざまな意見が出た。しかし世間からは「批判・非難する連中の心境が分かりません、失礼にも程があります」「わざわざ賛否の否をコメントする必要性って無いよね」など、最上をなぐさめる意見もある。

 しかし一方で「もうやめたほうがいい」という声があるのも事実だ。

 もともと精神的に不安定な印象もある最上。それだけに「こういった自分の近況を発信しているんでしょうけど、コミュ障気味の人が感覚のズレた話題提供しても同意なんて得られないと思う」「結果 自分で傷付いてるパターンを繰り返してる気がします」「匿名の批判にいちいち、気持ちを揺さぶられないような環境づくりを徹底していくのもお腹の子どもさんの為」「私は好きなこと言うけど、世間は無反応でいてください、批判せずに祝福だけください、ってのは無理がある」など、思いのほか擁護は少ない。