» 嵐松本潤「眠れぬ日々」プロデューサーのプレッシャーやばい?
カルチャースポーツ社会

嵐松本潤「眠れぬ日々」プロデューサーのプレッシャーやばい?

嵐松本潤「眠れぬ日々」プロデューサーのプレッシャーやばい?
socialfill

 11月19日に発売された「女性セブン」(小学館)が、アイドルグループ・の『NHK紅白歌合戦』(NHK)出場や大晦日のラストライブについてふれ、嵐のプロデューサー・松本潤が奔走していると報道した。

 同誌に登場する芸能関係者は「NHKは今年で活動を休止する嵐を目玉にしたいと思っているはずなので、ギリギリまで交渉しているのではないでしょうか」と語り、テレビ局関係者は「松本がリハーサルスタジオにこもり、スタッフと打ち合わせを重ねています」と明かした。松本は『紅白歌合戦』の出場を含めて、ライブの演出を考えるのに忙しいようだ。

 ネットでは、「『紅白歌合戦』のせいで、コンサートが間延びしてほしくない」「ライブ前にやって」「収録でいいじゃん」など批判の声が多く、『紅白歌合戦』への出場を良く思っていないファンも少なくない。松本に対しては「ゆっくり休んでほしい」「体調管理はだいじにして」と、体調を心配するコメントが寄せられた。

 松本は2019年11月に行われたCDデビュー20周年記者会見で「ファンと一緒に楽しむ時間を1分1秒でも長くしたい」と語っていることや、嵐のファンクラブが活動休止後も存続することを加味すると、『紅白歌合戦』出場よりもファンを大切にできるライブ配信に力を入れることが予想される。NHK側は出演してもらえるだけでも御の字という見方もある。