» 長澤まさみ不運「三浦春馬さんら」悲劇相次ぎ新作にも心配の声が
カルチャースポーツ社会

長澤まさみ不運「三浦春馬さんら」悲劇相次ぎ新作にも心配の声が

長澤まさみ不運「三浦春馬さんら」悲劇相次ぎ新作にも心配の声が
socialfill

 俳優の木村拓哉と女優の長澤まさみが共演する映画『マスカレード・ホテル』の続編『マスカレード・ナイト』が2021年9月17日に公開されることが分かった。元恋人の逮捕や、相次ぐ共演者の死など、踏んだり蹴ったりだった長澤に注目が集まっている。

 長澤は同作の公開にあたり「しっかりホテルマンとしての仕事を努め、落ち着いて、丁寧に演じられたらなと思っております」と意気込みをコメント。また「木村さんは、集中して作品と向き合える空気感を作ってくださるので、今から撮影が楽しみです」と木村について語り、共演者やスタッフと再会できる喜びを明かした。

 長澤といえば、興行収入35億を超えた今年7月公開の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』でも話題を呼んだ。同シリーズで出演していた俳優の三浦春馬さんが公開直後に逝去したため、世間では別の意味でも注目を集めたのだ。

 長澤は『めざましテレビ』(フジテレビ系)に出演した際に「私も弟のように思っていた」「映画に写っている春馬くんはとてもキラキラ輝いておりますので、その姿をみんなの目に焼き付けてほしいな」と三浦さんへの思いを語っていた。さらに同作に出演していた女優の竹内結子さんも9月に亡くなり、長澤の精神的ダメージが心配されていた。

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の公開前には、長澤演じる詐欺師・ダー子の相棒であるボクちゃんを演じた東出昌大の不倫騒動が世間を騒がせた。一時は同作のお蔵入りもささやかれていたが、長澤が東出の続投を懇願したため公開が決定されたという報道も。落ち込んでいる東出を奮起させ、共演者のスキャンダルも見事にフォローした。